スイス企業の特徴と風土

スイス企業の特徴と風土

スイスは面積は日本の九州程度しかない小さな国ですが、世界的に有名な大企業が集中している国家です。
大銀行、プライベートバンク、保険会社、食品会社、製薬会社、時計や宝飾品会社など有名なスイス企業はたくさんあり、その多くは日本でもよく知られています。
スイス企業の特徴は、どの会社もかなり国際的で、様々な国籍や母国語の従業員が勤務していることです。
ヨーロッパの中心部に位置し、ドイツ、フランス、オーストリア、イタリアと国境を接しているので当然隣国から働きに来る人が多く、更にスイスは人口における外国人の割合がかなり高いので、東欧出身者や南米系、アラブ系などの従業員も多く見られます。
そのため日本人でも違和感なく溶け込むことができるという意見が多数です。

 

スイス企業の風土は、全体的に規律が整っていて清潔、理論的、合理的というイメージがあります。
社内での公用語は英語を採用する企業が多くありますが、ドイツ語やフランス語ができればもっと有利になります。
女性も男性と同等に扱われるので差別がなく、育児休暇などの制度も整っています。
外資系転職エージェントによってはそれらの細かい条件も調べられるので、活用するとよいでしょう。

外資系転職支援サービス