外資系に必要な語学力とは

外資系に必要な語学力とは

近年、日本国内に外資系企業が続々と展開するようになりました。
外資系企業は今流行りのグローバル企業であることから、入社後は世界中の転勤の機会もあります。

 

そこで、外資系企業に就職する際には一定の語学力が問われる傾向にあります。
外資系に必要な語学力とは、企業ごとにその基準は異なっているものの、商談などで通訳を介さずに交渉を行う程度の英語能力が必要であるといわれています。
また、最近では中国の企業と取引を行うことも増えている傾向があるために、中国語能力を持っていると就職の際に有利になるといわれています。

 

そのため、外資系に就職、転職を検討している人は英語関係の検定試験を受験したり、英会話スクールに通うなどして自身の英語能力を十分に高めておくことが望まれています。

 

外資系の入社試験は企業によって英文の翻訳や英会話による試験が実施されることがあるため、早いうちから企業ごとの試験対策を行っておくことが重要です。

外資系転職支援サービス