インド企業の特徴と風土

インド企業の特徴と風土

インド企業の特徴は、財閥の売り上げが本国GDPの大半を占めているところです。
グループ企業と関係性を濃いものとしているのでトップダウン経営が続いています。
世代交代の時には経営方針ががらりと変わることも珍しくはありません。
インド企業は投資判断が厳しく、コスト削減を考えてビジネスのサイクルが早い傾向にあります。
短期間にいくら利益を出すことが出来るか、コストを抑えることが出来るかで利益を計算して経営をうまく行っています。
インド企業は企業の中で、仕事の役割や内容によって働き具c儀が異なります。
働いている者は責任を背負う覚悟で働いているため、シビアな社会の風土になります。
インド企業はエンジニアが多いため、IT関係にも強く最新技術を用いて政策を行っている企業も多いです。
しかし、サービスの内容が良くても製品の質が良くないものもあります。
インド企業はそのような仕事内容でも許容範囲が広いので心を広くして受け止めてくれます。
体力仕事から頭脳を使うことまで幅広いジャンルの企業があり、海外との結び付きも強くあります。
徐々に経済成長を遂げているので、インドの得意分野を伸ばして、これからに大いに期待することが出来ます。

外資系転職支援サービス