外資系の職務経歴書の書き方

外資系の職務経歴書の書き方

近年、自分の能力を試すために外資系企業へ転職を志す人が増加しているといわれています。
外資系企業に入社することができれば将来を保障されていることから、腰を据えて働くことが可能です。

 

外資系企業の入社試験は各企業によってさまざまな試験内容がありますが、一般的には面接に進むためには書類選考を通過することが求められます。

 

外資系企業を受験する際には履歴書と職務経歴書を提出することが多く、外資系の職務経歴書の書き方をしっかりと学習しておくことが重要です。

 

外資系企業の書類選考の際にはこれまでの社会経験を厳しくチェックされる傾向があるために、これまでの職務内容や自己アピールなどをきちんと書面で表すことが求められます。

 

企業によっては職務経歴書を英語で記入することが必要となることもあり、このような場合には英語の能力も同時に問われます。
外資系企業の場合は入社後に海外転勤も十分にあり得るために、英語能力が十分にあることは最低限の条件となります。

 

このあたりは転職エージェントを利用してコンサルタントにサポートしてもらうとスムーズに進めることができるのではないでしょうか。

外資系転職支援サービス