外資系企業の形態

外資系企業の形態

外資系企業といっていろいろな形があります。
企業風土がその国に近いものもあれば日本と変わらない企業もあります。
これらはいろいろな要因によって決まるとは思いますが、資本比率が一つのポイントになるのではないでしょうか。
外資系企業でも資本比率などが違います。
■外国企業が1社で出資している場合
■複数の外国企業が出資している場合
■外国企業と日本企業の合弁
■外国資本を受け入れた日本企業
などの形があります。

 

この資本比率で企業の社風や待遇などが変わってくるのではないでしょうか。

外国企業が1社で出資している場合

これはまさに本社がある国の風土、雇用形態に近いのではないでしょうか。

複数の外国企業が出資している場合

これは出資率の高い企業の風土になる可能性が高いのではないでしょうか。

外国企業と日本企業の合弁

これは資本比率によって変わってくるのではないでしょうか。
日本企業の出資が多ければ日本風、外国企業の出資が多ければ外国企業風になる可能性が高いのではないでしょうか。

外国資本を受け入れた日本企業

これもどれだけ資本を受け入れたかどちらに権限があるのかなどによって変わってくるのではないでしょうか。

外資系転職支援サービス