外資系企業転職で失敗しない方法について

外資系企業転職で失敗しない方法について

旧態然とした日本企業の体質に嫌気がさして外資系企業転職を希望する場合があると思います。

 

私自身、能力よりも年功序列が重んじられる企業体質にうんざりして、外資系企業に転職したクチなのですが、自分の能力に自信がある人であれば、外資系企業の方が活躍できるのではないかと思います。

 

日本企業の場合は、個人の突出した能力が期待されることはあまりなく、どちらかというと協調性ばかりが重視される傾向があります。

 

もしも、ずば抜けて得意な分野があるのであれば、外資系企業で働く方が向いているかもしれません。

 

でも、まずは面接に受からなければどうにもなりませんので、私の体験談を参考にして頂ければ幸いです。

 

面接では、きちんと質問を聞き取って的確な回答をすることができる英語力は当然必要になってきますが、それ以上に、その人の体全体から醸し出される雰囲気が重視される場合があります。

 

日本企業だと「おとなしくて真面目そう」というのはプラスになることが多いですが、外資系企業ですとマイナス評価を受けてしまいます。

 

外資系企業の面接の場合には、笑顔を絶やさずに、リラックスした姿勢で臨むことが大切です。

外資系転職支援サービス