外資系企業の面接で失敗しないコツについて

外資系企業の面接で失敗しないコツについて

企業活動のグローバル化が進展している中で、外資系企業転職を真剣に考えている人が多いのではないかと思います。

 

外資系企業には実績に対する評価が非常にシビアであるという特徴がありますが、逆から考えれば、努力して成果をあげれば、それを適正に評価してもらえるという利点がありますので、チャレンジしてみることには意義があると思います。

 

しかし、とにかく面接に通らない限り外資系企業で働くことはできませんので、私の体験談を参考にしてください。

 

まず、外資系企業の場合、履歴書も面接も英語でなされるのが普通ですから英語力があるのは当然のことになります。

 

ですので、英語の問題については触れません。

 

日本企業の面接を受ける場合と同じように、その会社の経営理念や主力商品、ライバル企業の有無などについては最低限知っておく必要があります。

 

その上で、自分が入社したら、どのような点で具体的に貢献することができるのかを明確にアピールすることが大切です。

 

さらに、こちらから質問をすることで、仕事に対する意欲を示すことができますので、いくつか質問を準備しておくことをおすすめします。

外資系転職支援サービス